お酒を飲みすぎてしまった日には水素水

お酒と水素水

お酒を飲みすぎてしまうと、二日酔いになりますね。
次の日の朝から、頭痛や疲労感に襲われます。
水素水は美容や健康に効果があるとよく言われているので、あまり知られていませんが、二日酔いを防止する効果もあるのです。

飲酒には、ストレス解消や血行促進によりリラックス効果もあります。
しかし、飲む量には気をつけなければいけません。

飲む量を考えなければいけないと思っていても、ストレス解消やリッラクス効果を感じるだけに、ついつい飲みすぎてしまうものです。
お酒のアルコールは、肝臓や腎臓で分解されるのですが、分解のあとに大量の毒素や活性酸素が発生します。
アルコール量が多いほど、毒素や活性酸素の発生量も多くなり、頭痛や倦怠感、疲労感などの二日酔いの症状が出てしまうのです。

アルコール分解でフルに働いた肝臓や腎臓も疲れるので、さらに疲労感も増します。

発生した活性酸素は、しばらくは良性の活性酸素なのですが、悪性に転換されると二日酔いの症状を起こさせるのです。

水素水には、悪性の活性酸素を無害化する作用があります。
それによって、二日酔いを防止する効果が期待されているのです。

これは、最近の研究でも発表されたことで、二日酔い防止のために水素水を飲む人が多くなっています。

お酒と活性酸素

活性酸素は、飲酒の後に肝臓や腎臓でアルコール分解されてから発生する毒素によって発生します。

肝臓や腎臓でアルコール分解が行なわれる時に「アセトアルデヒト」という毒素が発生します。
適量のアルコールならば問題ないのですが、アルコール量が多いと、それだけ「アセトアルデヒト」の量も多くなるので、血液中に入り込み、全身に回ってしまいます。

つまり、「アセトアルデヒト」の発生量が多いほど、活性酸素の量も多くなるのです。

発生した活性酸素は、最初のうちは良性なので問題はありませんが、時間が経つと悪性に変わり、老化や病気の原因になり、疲労感や倦怠感まで起こさせます。

水素水には、悪性の活性酸素を無害化する作用があります。
悪性の活性酸素にだけ反応してくれるので、お酒を飲んだ後に発生した活性酸素が悪性になった時、その働きを発揮してくれるのです。

「アセトアルデヒト」や悪性の活性酸素が体内に滞在し続けるほど、二日酔いの症状はひどくなります。
しっかり睡眠をとったのに、朝から頭や体が重いといった症状は、まさに二日酔いの症状です。

お酒が抜けてないから二日酔いするという表現が多いですが、抜けていないのは、毒素と悪性の活性酸素なのです。

しかし、飲酒後に水素水を取り入れると、二日酔いの症状もあまり出ずに、次の日も元気に過ごせるようにサポートしてくれるのです。

お酒の水素水割り?

二日酔い対策のための水素水はいつ飲むべきか?
効果的なタイミングは、お酒と一緒に飲むことです。

アルコール分解が行なわれる時は、大量の水分を使います。
それだけ水分補給もしなければ、アルコール分解もスムーズに行なえなくなるのです。

そういう意味でも、お酒を飲むと同時に水素水を飲むのがオススメです。

例えば、ウイスキーや焼酎などは、水やお湯で割って飲むことが多いですよね。

もしも、水割りをするならば、普通の水ではなく水素水を使うと効果的に二日酔い対策ができます。

ビールやカクテルなどが好きな人は、お酒を楽しんだ後のタイミングでも大丈夫です。

その場合、なるべく早く水素水を取り入れるように心がけましょう。

お酒を楽しんだ後に、アルコールが抜けたと感じても、実はアセトアルデヒトや活性酸素が残っている場合が多いです。
活性酸素は後に悪性に変わりますので、その対策のためにも、寝る前にもう一度、水素水を飲んでおくと効果的です。

水素水についてもっと詳しく知りたい!

ページの先頭へ ▲