水素水と活性酸素の関係

活性酸素の種類

活性酸素には4つの種類があります。
種類によって体に及ぼす悪影響の内容も変わります。また、活性酸素には良性と悪性があります。
水素は、悪性の活性酸素を除去する効果があるのです。

1. ヒドロキシラジカル

寿命は短いのですが、特に脂質に対して強い酸化力を持った悪性の活性酸素です。
脂質の他には、糖質やたんぱく質や核酸などにも反応します。

ガンを発生させる活性酸素でもあり、細胞やDNAに障害を与える老化も進行させます。

2. 一重項酸素

紫外線からのダメージによっても体内に活性酸素が発生します。
一重項酸素は、紫外線の影響で発生する活性酸素で、肌や目に悪影響を及ぼします。

肌の保湿力や弾力を保つコラーゲンやエラスチンを壊して、シワやたるみの原因を作ります。

3. 過酸化水素

喫煙やストレスで発生する活性酸素です。
酸化力はそこまで強くないので悪性とは言い難いですが、性質が変化しやすく「ヒドロキシラジカル」に変化して、悪性の活性酸素となることもあります。

4. スーパーオキシド

活性酸素の中でも、メジャーなので名前を聞いたことがあるという人も多いでしょう。
呼吸や激しい運動により体内に発生します。
発生する量が多いのですが、人間の体内にはスーパーオキシドを除去する酵素が存在するので、そこまで心配することはありません。

このように日常生活の中では、活性酸素が発生する機会は非常に多いのですが、普通に生活している中で発生する活性酸素は良性で悪影響は及ぼしません。

しかし、そこにストレスや不規則な生活習慣、睡眠障害、喫煙、紫外線などの影響が加わると、性質を悪性に変えて、酸化により老化などを進行させてしまうのです。

水素水は活性酸素を除去してくれる?

水素水は、活性酸素を全て除去するのではなく、悪性の活性酸素を無害に変える働きを持っています。
活性酸素には良性と悪性があり、どちらも除去してしまうと、免疫力が低下し健康維持が難しくなります。

良性の活性酸素は、体内に入り込んだ雑菌やカビなどを除去して、神経や血管を正常に保つサポートをします。

悪性の活性酸素は、細胞を酸化させて傷つけ、老化を進めたり、病気を発症させるように働きます。
つまり、その悪い働きを無害に変換する作用が水素水にあるのです。

水素水を取り入れてさえいれば老化しない、病気をしないというわけではありません。
水素水は、老化が進みにくい、病気になりにくい体質にしてくれる効果が期待できるのです。

人間の体には、水素水代わりになる働きがもともとあるのですが、年齢とともにその働きが低下したり、悪性の活性化酸素が多くなると追いつかなくなります。
水の中に水素を溶け込ませた水素水を補給することで、私たちの体にスーッと入り込み、抗酸化作用で老化防止や健康維持のためのサポートをしてくれます。

飲む水素水もあれば、点滴や注射、肌に浸透させるものなど種類も豊富に用意されています。

水素水についてもっと詳しく知りたい!

ページの先頭へ ▲